ココリノベ

太陽光発電

solar_kakaku

※切妻スレート屋根一面設置の場合、太陽電池モジュール・パワーコンディショナー・架台一式の標準工事(足場工事は含まれません。)(モニターは別売り)となります。

太陽光発電とは….

太陽光発電は、「太陽電池」を用いて、太陽の光エネルギーを電気に変換する発電方式です。
太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池が発電した直流電力を交流電力に変換し、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給します。
太陽光発電システムは電力会社とつながっているので、発電電力が消費電力を上回った場合は、電気を買い取ってもらうことができます。曇りや雨の日等、発電した電力では足りない時や夜間などは、電力会社の電気を使います。電気のやりとりは自動的に行われるので、日常の操作は一切不要です。

太陽光発電のメリット

クリーンエネルギーで枯渇しない

太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源が無尽蔵で、クリーンな点であることです。火力発電のように、二酸化炭素、硫黄酸化物、窒素酸化物などの大気汚染物質を発生させることがありません。また、石油などの化石燃料消費によるCO2排出は、地球温暖化の要因にもなっています。環境負荷も少なく、光熱費の削減にもつながり、自然エネルギー利用は大変有効な手段です。

余った電気は売(売電)れます!

家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます(売電)。単価は、電力会社に支払っている電気代とほぼ同じです。電気の売り買いは自動的の行われますので、面倒なことは何もありません。売った分の電気代は契約者の口座に振り込まれます。「このお金が楽しみで、節電に励んでいる」というユーザーの声もたくさん聞かれます。
また、台風などの災害により、停電になった場合でも、太陽光発電なら自立運転モードで電気を供給。専用のコンセントに、電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。

太陽光発電+オール電化で光熱費をさらに節約

太陽光発電で得た電気をオール電化で有効に利用します。。
例えば、IHクッキングヒーターは、調理器そのものを発熱させるため、熱効率が高く、省エネ・省コストにも貢献します。電気でお湯を沸かすエコキュートは、割安な深夜電力と組み合わせれば、ランニングコストはガス給湯器より大幅に割安になります。

太陽光発電システム補助金制度

補助金制度について

地球温暖化防止、CO2排出削減等で自然エネルギーの利用が高まっている中で、国は一般住宅への太陽光発電システム設置を支援いたします。 補助金に関する認知度も向上し、その利用者はますます増えています。
新たに補助金制度を創設する自治体も多く、制度継続、補助予算を増額する動きも目立ってきています。弊社では群馬を中心とした営業展開のため群馬県内の市町村の助成金をご案内しています。

平成24年度国からの補助金について(公称最大出力1kW当たり)

■ 1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの      3.0万円/kWを補助

■ 1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの    3.5万円/kWを補助

申込期限は、平成24年4月下旬から平成25年3月下旬までとなります。

群馬県内市町村別補助金について

     

区分 対象 補助金額
群馬県 県内に居住、居住の予定があり、新たに太陽光発電システムを設置、同システム付きの住宅を購入する個人。 (1kw当たり)
2.4万円(上限8万円)
前橋市 市内に居住、住宅や店舗併用住宅に太陽光発電システム設置しようとする個人。 (1kw当たり)
2万円(上限8万円)
玉村町 町内に居住、新たに太陽光発電システムを設置、同システム付きの住宅を購入した個人。 (1kw当たり)
3万円(上限9万円)
渋川市 市内に居住、住宅に新たに太陽光発電システムを設置、同システム付きの住宅を市内に新築・購入した個人。国の太陽光発電補助金交付が決定していることが条件。 (1kw当たり)
5.4万円(上限16万円)
沼田市 市内に居住、居住の予定があり、新たに太陽光発電システムを設置、システム付きの住宅を購入する個人。 (1kw当たり)
2万円(上限8万円)
榛東村 村内に居住、平成21年10月1日以降に、新たに住宅用太陽光発電システムを設置、同システム付きの市内の住宅を購入しが対象。 (1kw当たり)
5万円(上限20万円)
中之条町 中之条町に居住、新たに太陽光発電システムを設置する個人。 (1kw当たり)
2万円(上限8万円)
高崎市 市内に居住、住宅や店舗併用住宅(居住用部分が1/2以上)に太陽光発電システム設置しようとする個人。 (1kw当たり)
3万円(上限8万円)
藤岡市 市内に居住、居住の予定があり、新たに太陽光発電システムを設置、システム付きの住宅を購入する個人。 (1kw当たり)
4万円(上限16万円)
伊勢崎市 市内に居住または居住の予定、新たに太陽光発電システムを設置、同システム付きの住宅を市内に新築・購入する個人。 (1kw当たり)
4万円(上限8万円)
桐生市 市内に居住または居住の予定、住宅(既存・新築共に可)や併用住宅に新たに太陽光発電システムを設置する個人。 (1kw当たり)
3万円(上限10万円)
太田市 導入奨励金は平成22年度で終了。
館林市 市内に居住、居住の予定があり、新たに太陽光発電システムを設置。 (1kw当たり)
3.5万円(上限10万円)
みどり市 市内に居住、住宅や店舗併用住宅(居住面積が1/2以上)に新たに太陽光発電システムを設置する個人。 (1kw当たり)
3万円(上限8万円)
大泉町 町内に居住、新たに太陽光発電システムを設置、同システム付きの住宅を購入した個人。 (1kw当たり)
6万円(上限24万円)
明和町 町内に居住、新たに住宅用太陽光発電システムを設置する個人。 (1kw当たり)
3万円(上限15万円)

お申込み見当たっては県、各市町村によって、処々詳細な規定等がございます。必ず関係部署等にお問合わせ、ご確認をお願いいたします。

s-jisseki

施工実績

施主様:T様邸  平成23年1月施工
solar-seko_T-01
施工写真1
solar-seko_T-02
施工写真2

施主様:T様邸  平成21年4月施工
solar-seko_S-01
施工写真1
solar-seko_S-02
施工写真2